繁盛期と閑散期の来場者の差が大きい

平日は休みがとりやすい

テーマパークでのアルバイトは、一般の人が休みの時が一番忙しくなる仕事です。

特に長期の休みであるゴールデンウイークや、夏休みなどは大忙しになるでしょう。

繁盛期と閑散期の差が大きいのが、テーマパークの仕事の特徴であると言えます。

繁盛期にはアルバイトであっても、残業を言われることもあるかと思います。

また、閑散期には休みを言われることもあるかもしれません。

ただ、比較的に平日はまとまった休みが取りやすいなどのメリットもあります。

また、繁盛期であっても雨の日はお客さんの入りも少ない事が多いですから、ちょっとした息抜きになるようです。

多くのテーマパークでは、社員並みの時間を働くのであれば社会保険が完備されています。

また、長く働くのであれば昇給もあります。

屋外で働くのであれば体力勝負な所がありますが、夢の国でのアルバイトは人を笑顔にする仕事ですから、やりがいも大きく魅力的な職場でしょう。

面接で落ちる人の共通点

東京サマーランドなどでは、バイト募集要項に高校生歓迎や大学生歓迎等あるので、夏休などの長期休みにバイトを考えている方には是非オススメ。

テーマパークでのバイトは人気があるので、すぐに決まってしまう可能性があります。

また、テーマパークは従業員も多くいますから、友達がたくさんできるのが魅力だと言います。

しかしせっかくいいアルバイトがあっても、面接で落ちてしまう事が良くあるようです。

面接で何度も落ち続ける人には、いくつかの共通点があるようです。

初対面の印象が悪いく暗い感じの人、座っている姿勢の悪い人、落ち着きのない人などがあります。

思い当たる人、当てはまる人は面接時に気をつけましょう。

服装もカジュアルなものはNGです。

アルバイトでも基本はスーツ着用が望ましいのです。

間違ってもジーンズにTシャツは止めましょう。

当サイトオススメの求人サイトをチェック!

トップへ戻る